class="post-template-default single single-post postid-340 single-format-standard sns-box-style5 side-title-mark1 side-search-mark1 side-writer-mark4" data-barba="wrapper" data-postid="340">

ご褒美回不在でもみんなが待望する“あの子”

3 min 185 views
ayumi14

ayumi14

退職モラトリアム中

ディズニールネサンス育ち。
『アラジン』は一生で一番多く観た映画になる予定。
ディズニーとスターウォーズ界隈を行ったり来たりしています。
こちらのブログを基にした考察YouTubeチャンネルも宜しくお願い致します!

FOLLOW

『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』第5話『マンダロリアンの帰還』の考察です。

ayumi14

ayumi14

チャプターのタイトルを宣伝しない手法が、めちゃくちゃ功を奏していますね…!!

先週からマンダロリアンとのクロスオーバーがあり、ファンの期待を一身に背負った第5話です。

では早速行ってみましょう!

ご褒美回

第5話も長尺、52分たっぷりと、ボバ・フェットではなくマンダロリアンの活躍を楽しめます。

先に言っておくと、今回は我らがボスであるボバ・フェットの出番はゼロです。

曲がりなりにも『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』というタイトルで主人公が出てこない、にも関わらずわくわく感が止まりません。

冒頭からマンダロリアンの登場シーンと、その後の戦闘シーンがかっこよすぎて震えます。

ボバ・フェットのアーマーに見慣れると、マンダロリアンのアーマーの磨き上げられたベスカーの輝きに一種の宗教的な思想を感じるのではないでしょうか。

いつも通りマンダロリアンは仕事をこなし、依頼人から報酬を得ますが、何かが足りない…

ayumi14

ayumi14

みんな大好きグローグー!!

そうです、このマンダロリアンの登場シーンはグローグーをルークに預けた後、つまりボバ・フェットの現行の世界線と同じなのです。

惑星ネヴァロの隠れ家の生き残りアーマラーや、パズ・ヴィズラが出てきたり、タトゥイーンの整備屋やドロイドたちまで次々に登場!

もう、ただの同窓会です。

しかし行く先々で「あの子(グローグー)はどうした?」と訊かれ、そのたびにマンダロリアンは「あの子の無事を確認しに行きたい」「小さい友達に会いたい」と漏らします。

『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』シーズン1の間に、その願いが叶うかどうか怪しいところではありますが、『マンダロリアン』シーズン3が進行中なのは間違いありませんから、またマンドーとグローグーに会える日も近いはずです。

マンダロリアンの“改宗”

前回の考察で、『The Book of Boba Fett』のタイトル回収について触れました。

“The Book”は“聖書”の意味で、この物語は『ボバ・フェット記』なのではないかということです。

一方、今回マンダロリアンは「人前でヘルメットを脱がない」という伝統を破ったことで、一族を追放されてしまいます。

ayumi14

ayumi14

マンドーがヘルメットを脱いでしまった理由は、『マンダロリアン』チャプター16をご覧下さい。
(作中もう1カ所ヘルメットを脱いでいるシーンがありますが、チャプター16の方がツッコミどころ満載です…)

マンダロリアンはいくつかの教義に分かれており、『マンダロリアン』の主人公ディン・ジャリンの教派は「カルトだ」と言われるほど厳しい教義を守っています。

合言葉『This is the way.』の一言であっさり追放されたマンドーは、今後はもうヘルメットを脱ぐのも自由、仲間のために賞金稼ぎに明け暮れる必要もありません。

まるで宗教のように信奉してきた一族の掟がなくなり、マンドーは今後初めて“自分の道”を探すことになるのでしょう。

その時、彼はどこへ向かうのか?

第5話のラストでフェネック姐さんに、仕事を手伝えと言われるものの、グローグーに会いたい一心のマンドーは少し渋っていた様子。

タトゥイーンでの戦争を機に、ボバ・フェットの仲間になるのもアリですが、グローグーと共にジェダイのもとに留まるのもアリな気がします。

マンダロリアンが『ボバ・フェット記』にどう記されるのか、今後の展開に期待です。

あと2話で描き切れるのか?

第5話がご褒美回になってしまったため、残りあと2話でボバ・フェット一家の戦いをサッと始めて、パッと終わらせなければならない事態に。

ランコアのしつけはどうなった?

ギャングの悪行をチクってきた水商人の復讐は大丈夫?

双子ジャバはもう出てこない?

黒チューバッカもっと活躍しないの?

などなど、気になりだしたら止まらない、怪しい伏線がまだたくさん残っています。

この流れだと、当然シーズン2もあるものと見て良いのでしょう。

『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』は一旦終わり、『オビ=ワンケノービ』か『マンダロリアン』シーズン3の予告が挟まれて、またわくわくしてしまう自分が予想できます。

来週からはいよいよボバ・フェットとマンダロリアン合流(マンドーがグローグーに会いたい!とダダをこねなければ)なので、盛り上がり続けること間違いなし!

毎週水曜日の楽しみがなくなるのは寂しすぎますが、残りも駆け抜けましょう!

以上、『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』第5話『マンダロリアンの帰還』の考察でした。

ayumi14

ayumi14

退職モラトリアム中

ディズニールネサンス育ち。
『アラジン』は一生で一番多く観た映画になる予定。
ディズニーとスターウォーズ界隈を行ったり来たりしています。
こちらのブログを基にした考察YouTubeチャンネルも宜しくお願い致します!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA