class="post-template-default single single-post postid-189 single-format-standard sns-box-style5 side-title-mark1 side-search-mark1 side-writer-mark4" data-barba="wrapper" data-postid="189">

バッド・バッチ第5話で悲しすぎる伏線を妄想して泣いてしまう

2 min 268 views
ayumi14

ayumi14

退職モラトリアム中

ディズニールネサンス育ち。
『アラジン』は一生で一番多く観た映画になる予定。
ディズニーとスターウォーズ界隈を行ったり来たりしています。
こちらのブログを基にした考察YouTubeチャンネルも宜しくお願い致します!

FOLLOW

『バッド・バッチ』第5話『猛獣』の考察です。

ayumi14

ayumi14

1週間早すぎて、バッド・バッチもあっという間に終わるんじゃないかとすでに不安…💦

『バッド・バッチ』第1シーズンは全16話であることが発表されているので、残すところあと11話です。

予定通りいけば7/26(金)が最終話の公開日になるので、あと2か月……

めいっぱい楽しんでいきましょう!

クロスヘアーの穴埋めをするオメガ

冒頭でオメガは通信機をもらいます。

前回見知らぬ女性(実は賞金稼ぎ)に連れ去られるというトラブルがあったため、オメガだけがはぐれたときの対策でしょう。

前回(第4話)の考察はこちら。

しかしオメガがもらったその通信機、実はクロスヘアーのお下がり。

前回同様、今回も出番がなかったクロスヘアーですが、視聴者だけでなくバッド・バッチの仲間たちも、少しずつ彼を忘れていっている。むしろ忘れに行ってる?という描写が多いです。

クロスヘアーが使っていた場所に子供部屋を作ってもらったこともありました。

バッド・バッチのメンバーは、クロスヘアーだけが部隊から分離してしまったことが辛くて、逆にわざと忘れに行っているようです。

クロスヘアー自身も帝国側でエリート軍人を育てるミッションを与えられていたので、そろそろその様子がクローズアップされる回があるのではないでしょうか。

そしていつかバッド・バッチたちとの再会をして、部隊に戻るのか、帝国側につくのか…まだ未知数ですがわくわくしますね。

ここにも顔を出すジャバ様

今回バッド・バッチに与えられた任務は、ムチという名の子どもを奴隷商から救出すること。

ayumi14

ayumi14

てっきり可愛らしい子どもを救出するのかと思いきや…

実はムチというのはランコアの子どもでした。

そしてこのムチの救出、実は偉大なるジャバ様の用命だったことがラストで明かされます。

ここでスターウォーズファンはピンと来るのですが、多分このムチちゃん、数十年後にルークにぼっこぼこにされてしまう子だと思います。

デジタル配信で違和感が増しちゃったジャバ様

ジャバ様の神殿の地下で飼われている獰猛なペット。

ルークとソロを喰おうとして返り討ちにあってしまったあの子です。

私はスターウォーズファンとしてはまだまだ新参者ですが、それでも各シリーズでこういう元ネタ的なシーンに気づくと面白いですよね。

だからどんどん沼にハマっていくんですねわかります。

今日のレッカー観察日記

最後に定番の推し観察をして終わりましょう。

実はレッカーは第3話で船が不時着するときに頭をぶつけてから、ずっと頭に違和感があるようです。

今回も頭(首?)を気にする仕草を見せていました。

ayumi14

ayumi14

もう毎回、早く治療してくれと心配でたまらない……!(親心)

そのうちこの傷が何か致命的なタイミングでトラブルを起こして、またひと悶着あるんだろうなぁと毎週心配しています。

あと、回を追うごとにオメガと仲良くなっているのも和みます。

今回もオメガとハイタッチしていました。

ayumi14

ayumi14

正直、バッド・バッチの中で死んだら一番悲しいのレッカーやん!!オメガも絶対号泣するしムードメーカーいなくなったらただのおじさんの(ry

このオメガと打ち解けるシーンですら、ラストに向けた伏線だと思うと寂しくて仕方ないのはわたしだけでしょうか。

残り11話、一緒に楽しんで行きましょう。

『バッド・バッチ』第5話『猛獣』考察でした!

ayumi14

ayumi14

退職モラトリアム中

ディズニールネサンス育ち。
『アラジン』は一生で一番多く観た映画になる予定。
ディズニーとスターウォーズ界隈を行ったり来たりしています。
こちらのブログを基にした考察YouTubeチャンネルも宜しくお願い致します!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA