class="post-template-default single single-post postid-1 single-format-standard sns-box-style5 side-title-mark1 side-search-mark1 side-writer-mark4" data-barba="wrapper" data-postid="1">

30過ぎてディズニー映画で人生を豊かにしたくなった理由

3 min 240 views
ayumi14

ayumi14

退職モラトリアム中

ディズニールネサンス育ち。
『アラジン』は一生で一番多く観た映画になる予定。
ディズニーとスターウォーズ界隈を行ったり来たりしています。
こちらのブログを基にした考察YouTubeチャンネルも宜しくお願い致します!

FOLLOW

このサイトについて

こちらでは主にディズニー映画の考察を書きます。

ディズニー・ルネサンス、ピクサー、プリンセス、スター・ウォーズが中心です。

大学で美術史を専攻してから、改めてディズニー映画を観ると、画面に見えているものの意味やモチーフなど気づくことがとても多くなり、子どもの頃の何倍も楽しいです。

頭の中に浮かんだアイディアをまとめるために、こちらに書き溜めていきます。

1テーマにつき論点3つでまとめます。

ディズニー映画を観るキッカケ

ディズニーのアニメーション映画を観るようになったキッカケは2019年初頭。

子どもに「ディズニーランドに行きたい」と言われた時私は「喜べ!ディズニーランドは既に始まっている!!」と言いました。


そして

「ディズニーランドに行くためには、まずディズニーのお勉強をしなければいけない」
「だからこれからたくさん映画を観てお勉強しよう」

最初はDVDをレンタルしていましたが、ディズニー・プラスに加入してからはさらに加速。

子ども諸共立派なDヲタが爆誕しました。

2021年には家族でディズニー旅行。

子どもとの約束は果たしましたが、勉強はまだまだ続きます。

スター・ウォーズ好きになったキッカケ

本サイトではスター・ウォーズも多く取り扱っています。

スター・ウォーズは元々SF好きの父が好んで観ていました。

父は特にイウォークが好きで、『イウォーク・アドベンチャー』はもちろん、イウォーク語も覚えるほどでした。

家族で初めてディズニーランドに行った時に、一番最初に乗ったアトラクションはもちろん『スター・ツアーズ』。

時は過ぎ、私がディズニー・プラスに加入してDヲタ活を楽しんでいた時。

Twitterで「ディズニー・プラスに入っているのに『マンダロリアン』を見ていないのは損している」という旨のつぶやきを見つけました。

気になって家族で『マンダロリアン』を視聴したところ全員で大ハマり。

夫はそもそもスター・ウォーズシリーズ未履修でしたので、EP1〜9を改めて視聴しました。

『BAD BATCH』『BOBA FETT』『Obi-Wan Kenobi』はリアタイ視聴済み。

クローン・ウォーズや反乱者たちはまだ追いきれていませんが、長く楽しめるコンテンツとしてスター・ウォーズは最高だと思っています。

プロフィール

  • 1987年生まれ
  • 3人家族(無口な夫とおしゃべりな娘)
  • 好きなものは音楽、映画、美術

好きなもの3つについては、いずれ詳しく書きます。

美術史が好き

高校3年生で世界史にハマり、国際文化学部というなんでもありの学部へ進学。

フランス語の授業を取っていたメンバーと仲良くなり、その影響で大学では美術史を専攻。

卒論のテーマは「アールヌーヴォーから現代日本文化までの系譜」。

オーブリー・ビアズリーに触発されて、そこからの歴史を辿っていった流れを文章にしました。

ウィリアムモリス、ビアズリー、オスカーワイルドはもちろんのこと、魔夜峰央や内藤ルネ、なぜかリカちゃん人形についてまで調べまくりました。

結局何万字書いたのか忘れてしまいましたが(多分5万字くらい)、良い評価をいただけたと記憶しています。

ラファエル前派、アール・ヌーヴォー、アール・デコが特に好きです。

ライブが好き

また、ライブ好きで特にライブハウスくらいの規模のイベントによく行きます。

14歳でライブハウスに初めて足を踏み入れて以来、生活の中で「ライブに行くこと」がちょっとした道標になっています。

「このライブに行くために定期テスト頑張ろう」とか、「この日は遠征したいから仕事を順序良く片付けよう」とか。

とにかく脳内はライブに行くことでいっぱいです。

ピーク時は年間50本くらいのライブに参加していました。

初めて行ったライブはSMAP、一番多く行っているアーティストは志磨遼平さんです。

忘れもしない2011年1月31日、運命的に(?)出会ってから今でも追いかけています。

当初毛皮のマリーズというバンドのボーカルでしたが、解散後はドレスコーズのボーカル、なんやかんやあってソロアーティストのようなバンドマンのようなちょっと変わった方です。

私にとっては音楽というより宗教に近いです。

仕事について

新卒で地元の不動産関係の中小企業に就職。

営業などの外回り中心の仕事を4年経験した後、広報採用担当に異動しました。

  • 広報
    YouTubeやSNSの管理運営。
    動画はシナリオ作成〜撮影〜編集〜公開拡散まで全て担当。
    Premiere Pro使用。
    SNSはTwitterを中心に、ほぼ全てのSNSにアカウントを作って運営していました。
  • 採用
    新卒、中途、アルバイト、障害者採用。
    窓口業務〜面接〜入社フォローまでこちらも全ての工程を担当。
    多い時は年間200名の面接をしていたので、人の話を聴くことは得意です。

2022年9月で退職予定。

退職後はフリーランスで動画製作、ライティング、採用支援などチャレンジしていきます。

こちらのサイトの記事を基にしたYouTubeチャンネルもあるので、良かったらご視聴下さい。

ayumi14

ayumi14

退職モラトリアム中

ディズニールネサンス育ち。
『アラジン』は一生で一番多く観た映画になる予定。
ディズニーとスターウォーズ界隈を行ったり来たりしています。
こちらのブログを基にした考察YouTubeチャンネルも宜しくお願い致します!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA