class="post-template-default single single-post postid-289 single-format-standard sns-box-style5 side-title-mark1 side-search-mark1 side-writer-mark4" data-barba="wrapper" data-postid="289">

【徹底比較】アラジンとトイストーリー4の意外な共通点

4 min 148 views
ayumi14

ayumi14

退職モラトリアム中

ディズニールネサンス育ち。
『アラジン』は一生で一番多く観た映画になる予定。
ディズニーとスターウォーズ界隈を行ったり来たりしています。
こちらのブログを基にした考察YouTubeチャンネルも宜しくお願い致します!

FOLLOW

ずっと前から誰にも共感してもらえず、胸に秘めていたネタがあります。

ayumi14

ayumi14

アラジンとトイストーリー4には激似シーンがある!!

個人的なことですが、1992年版『アラジン』は私が生涯で最も多く観た映画になる予定。

『トイストーリー4』はトイストーリーシリーズで2番目に多く観ています。

(リアルアンディだった頃に『トイストーリー』のVHSを観まくっていたため、この回数を抜くのにはもう少し時間がかかりそうです。)

今回はこの関係がないようで大アリな2作品を徹底比較します。

動画でサクッと見たい方はこちら。

そもそもどこが似ているのか

『アラジン』と言えば、夢と魔法、冒険とラブロマンス、ディズニーお得意の全てを詰め込んだディズニールネサンスの傑作です。

羽賀研二版がなつかしい

良かったら『アラジン』単体の考察も読んで行って下さいね。

一方の『トイストーリー4』は2019年に公開されたシリーズ第4弾の作品です。

“おもちゃにとって大切なのは子供のそばにいること”──新たな持ち主ボニーを見守るウッディ、バズらの前に現れたのは、ボニーのお気に入りで手作りおもちゃのフォーキー。彼は自分をゴミだと思い込み逃げ出してしまう…。

フォーキーを救おうとするウッディを待ち受けていたのは、一度も愛されたことのないおもちゃや、かつての仲間ボーとの運命的な出会い、そしてスリルあふれる冒険だった。ウッディが目にする新たな世界とは?ウッディやバズら仲間たちの新たな旅立ちと冒険を描く「トイ・ストーリー」史上最大の感動アドベンチャー。

Disney『トイストーリー4』
ボーがこんなにしゃべったのはシリーズ史上初では?

そもそも『アラジン』はディズニー、『トイストーリー4』はピクサー。

公開された年代も、内容も全く異なる2作品です。

今回徹底比較したいのは、以下のシーン。

  • 『アラジン』オープニングから20分経過:変装して市場に出たジャスミンがアラジンに連れられて彼の隠れ家やって来るシーンオープニングから55分経過:アリ王子がジャスミンのバルコニーにやって来るシーン
  • 『トイストーリー4』オープニングから60分経過、アンティークショップに捕らわれたフォーキーを救出するためにウッディとボーが潜入するシーン

セリフは日本語字幕を参照して比較していきます。

セリフ、シチュエーションから見る27年の開き

アラジントイストーリー4
アグラバーセカンドチャンスアンティーク
OP20
アラジンがジャスミンを引き上げた時にバランスを崩し抱き合う
アラジン「市場に行くのは初めて?」
ジャスミン「分かる?」
OP60
人間から隠れたときに不意に2人の距離が近づく
ウッディ「ここには?」
ボー「2~3年 いたかな」
アラジン「アグラバーはとても危険な町だよ」
ジャスミン「楽なものよ」
ボー「棚で待つだけの人生がイヤになって出て行った」
ウッディ「すごいな 俺よりよほど立派だ」
OP55
アラジンが絨毯の上からジャスミンに話しかける
アラジン「乗ってみたくない?宮殿を出て世界を見に」
ジャスミン絨毯を触りながら
ジャスミン「安全なの?」
ボーが1段上からウッディに手を差し伸べる
ボー「そうよ 広い世界を見たくない?」
ウッディはボーの手を取る
ウッディ「ノーだ 俺は古いオモチャだからな」
普段吹き替えで観ているので字幕日本語が新鮮

年代順なので当然ですが、『トイストーリー4』の方が『アラジン』をなぞっているので、『アラジン』の名シーンをかいつまんだ展開になっている印象です。

ここで注目してほしいのは、アラジン×ジャスミンとウッディ×ボーが男女逆転していること。

アグラバーを知り尽くしたアラジンと、同様にセカンドチャンスアンティークに2~3年も閉じ込められて内部を熟知しているボー。

一方のジャスミンは初めて宮殿を出てきたお姫様で、ウッディも子供部屋を出るのは初めてではないにしろ、迷子は初めてという状況です。

『アラジン』から『トイストーリー4』までその間は27年。

ディズニールネサンス期にピクサーが完全子会社化されていたら、確実にウッディがセカンドチャンスアンティーク出身のおもちゃで、ボーが迷い込んだ幼気なオモチャという配役だったでしょう。

既存キャラで流れを変える難しさ

初代『トイストーリー』の公開は1995年。

ディズニーは『ポカホンタス』『ノートルダムの鐘』を公開していた時期です。

当時のピクサーは、ディズニー配給で映画を公開していただけで、ディズニーの完全子会社になるのはもう少し先の話。

一瞬ボーが映ります

初代ではたまに出てきてウッディにちょっかいを出すだけの目立たないキャラだったボーが、『4』でこんなにキャラ立ちして復活するなんて、誰も想像していなかったことでしょう。

実際に、初代をVHSで何度も繰り返し観ていたリアルアンディ世代の私にとって、劇場で観た『4』の最初の感想は、

ayumi14

ayumi14

こんなのトイストーリーじゃない!!!!

でした。

アンディと同世代で作中のオモチャたちにも絶大な親近感を覚えていた私にとって、ボーが子供部屋を捨てるどころか、ウッディとバズが別れるなんて考えもしなかったからです。

しかしDisney+で配信されて以降、『4』を改めて(冷静に)観ると、それはそれでだんだんと愛着が湧いてきました。

ウッディを先導するボーも、以前のボーからは想像もつかない姿ですが、環境が変わると性格が変わるのは人間なら当然のこと。

アンディからウッディたちを受け継いだボニーの好みがだんだん変わり、ウッディと遊んでくれなくなるのも、子どもあるあるです。

むしろウッディやバズに特別な感情を抱いているのはスクリーンのこちら側の私たちだけで、ボニーにとっては『3』のラストで突然近所のお兄さんがくれたオモチャ、というだけ。

ある意味で『4』はとてもリアルな物語になっていると気づきました。

もちろん、『4』でのボーのポリコレ的な描かれ方に嫌悪感を抱く方が多いのもわかります。

でも、『トイストーリー』を『3』で終わらせず、続きを作ろうと決めた以上、新たな流れを作っていかなければいけないのは戦略としてあり得ることです。

『アラジン』を模しながら、男女逆転した物語とし構成するあたり、名作へのリスペクトを示しつつ、恐れずに“これから”の作品を作っていくぞ!という決意にも似たものを感じさせます


本記事で比較したシーン以外にも、もう1つオマージュシーンがあります。

それはそれぞれの物語のラストシーンです。

気になる方は是非、実際に見比べてみて下さいね。

以上、『アラジン』と『トイストーリー4』の意外な共通点でした!

ayumi14

ayumi14

退職モラトリアム中

ディズニールネサンス育ち。
『アラジン』は一生で一番多く観た映画になる予定。
ディズニーとスターウォーズ界隈を行ったり来たりしています。
こちらのブログを基にした考察YouTubeチャンネルも宜しくお願い致します!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA